So-net無料ブログ作成
検索選択

ボブ・サゲットがナレーターを務める"How I met your mother"は全米大注目のシットコム! [ボブ・サゲット]

ダニー役ボブ・サゲットがナレーターを務めているシットコム"How I met your mother"は「フレンズ」終了を迎えて魅力的なシットコムに飢えているアメリカでにわかに注目を集めているシットコムのようです。

↓アメリカ版DVDでファーストシーズン出てます。

※以下、TV Grooveサイトからの引用http://www.tvgroove.com/articles/article.php?c0400017
第二の『フレンズ』誕生なるか!? 『How I Met Your Mother』  
昨年は『フレンズ』、そして今年は『レイモンド』が、それぞれ10年近くに及ぶ歴史に終止符を打ち、そのころから全米では一斉に「シットコムは終わった」という言葉がささやかされだした。確かに数字を見てみても、ここ数年の人気ドラマは犯罪モノばかり。ところがそんな時代の趨勢に逆行するかのように始まったベタベタのシットコムが、現在高い評価を受けている。 

『How I met your mother』は、そのタイトルが示す通り、「いかにしてボクが、キミのお母さんと出会ったか」――つまり、父親が子供たちに、自分と母親とのロマンスを語るという回想形式で進んでいく。

物語の主要メンバーは、物語の語り手である“父親”。その恋のお相手である“母親”。そして彼らの3人の友人という、計5人(男3、女2)。コミカルな展開の中にも、人生の岐路に立ちかかった若者たちの真剣な苦悩や、友人や家族との心の交流がシットリと描かれるあたりはアメリカのシットコムの王道であり、そして秀逸な点。

約10話の放送が終了した時点で、ここまでこのドラマを観てきた視聴者のうち10人に7人が、「今後も観つづけていく」と回答している。

果たしてこの『How I Met Your Mother』、死滅の危機に瀕しているシットコムの救世主となるか!?

このシットコムはボブ・サゲットもインタビューで大変気に入っていると話していました。
※TV Guideでのインタビューより
Yeah! I really like that show. It fills a sitcom void, because I'm obsessed with relationships and how they weave in and out. I think the mother should [turn out to] be some really sleazy bar woman, some whore. Or, maybe I [Ted] go through a sex change, [and] I am their mother. [Laughs]

「僕はこの番組をとても気に入ってるよ。この番組は薄っぺらなシットコムなんかじゃないし、登場人物たちのこれからの関係がどう複雑に絡まりあうのかすっごく気になるね。そうだな、これからの展開としては僕は母親は安っぽいバーの女か売春婦に商売買えすればいいと思うよ。あぁそうだ、テッド(※ボブ・サゲットが演じているナレーターの役名)が性転換して、僕が母親になっちゃえばいいんだよ!
(観客ら、爆笑)

 

ボブが言う「母親」っていうのは、タイトル"How I met your mother"の示すところのmother(母親)の事であり、このシットコムは主人公の男性が所帯を持った後に自分の子どもたちに「どうやって君たちのママに出会ったかというとね・・・」と言って回想する話なので、母親がキーパーソンのようですね。

つか、ボブちんの口からでまかせが本当に採用されて最終回に子どもたちの前で女装姿で「ハーイ、子どもたち。ママよ」と言って登場するハメになったら困るのはボブちん本人だと思うよ。アナタ、フルハウス「パパはMr.レディ」でも自分の女装姿に仰天してたじゃないの。


このシットコムは日本でも有名な「天才少年ドギー・ハウザー」の主人公を演じたニール・パトリック・スミスがメインキャストで出演しているとの事。

日本でも放送されるといいですね。

関連ブログ記事:
ボブ・サゲット「僕の顔はどこに行った!?」
 第3シーズン「パパはMr.レディ」に出演したときのボブの感想。
ダニー役ボブ・サゲット「フルハウスに出演した事はクールだった」
 「フルハウス」を振り返るインタビュー。

「天才少年ドギー・ハウザー」主人公役ニール・パトリック・スミスがカミングアウト
 ニール・パトリック・スミスは"How I met your mother"で再注目されたみたいで、それからゲイの噂が立ち上がり広報は否定してたみたいなのですが、この度本人が自らインタビューに答えてゲイである事をカミングアウトしたとか。

↓「パパはMr.レディ」収録。

フルハウス〈サード・シーズン〉コレクターズ・ボックス

フルハウス〈サード・シーズン〉コレクターズ・ボックス

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2006/08/04
  • メディア: DVD

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。